風俗の求人情報でのポイントって?

働きたい人の求人探しをサポートする就労支援サイト

風俗業界とブラック求人

本項は、風俗求人情報を見極めるための基本的なファクターとなる、求人情報のオーソドックスな見極め方を踏まえた上で、風俗求人に特有のポイントの提示を行うことにより、風俗求人情報を探すに当たっての二つの注意点をシンプルにまとめることを試みたページです。

風俗求人に含まれるブラック求人の多寡

業種の特色上ブラック求人が多そうというイメージを抱かれがちな風俗求人における、ブラック求人の見分け方と併せて、風俗求人に含まれるブラック求人が他業種と比較して多いという認識への反証となる情報の一部を例示し、風俗求人に含まれるブラック求人数への私見を述べました。

業態選択の風俗求人における重要性

風俗求人において、ブラック求人やグレーな求人を避けつつ、適性に応じた求人情報を選ぶ重要性や求められることが想定される能力への言及を行うと共に、男性が風俗業界で働くに際に求人を選択するための参考情報として、近年の風俗業界における男性求人の傾向への言及を行っています。

基本的な求人の探し方と風俗求人特有の注意点

昔から反社会的勢力とのつながりが強い風俗業界は、その反社会的勢力とのつながりが違法経営を連想させ、連鎖的にブラック企業が多い業界であると認識されてしまうことによって、風俗業界=ブラックな業界とのイメージが定着してしまっており、規制取締りの強化で表立って活動ができなくなった現在に至っても、風俗業界には多数の反社会的勢力とのつながりを持つフロント企業が存在することもそのイメージを助長する結果となっています。

ところが、風俗業界にブラック経営がまかり通っているかというと話は別で、規制強化の後、反社会的勢力は直接的に企業経営を行うことが不可能になったためにフロント企業による収入は非常に重要であることから、警察による介入の糸口となりかねないブラックな経営は忌避されがちとなって、ブラック求人そのものは減り、法の網目を掻い潜ってのグレー経営とグレー求人の増加、収益そのものは反社会的勢力の資金源となるものの、経営そのものはホワイトなフロント企業によるホワイト求人が出現するといった状況に至りました。

つまり、風俗業界の反社会的勢力とのつながりが途絶えたとは言えないものの、ブラックな求人が減少したことは間違いなく、反社会的勢力への規制が緩かったころに比較すれば、風俗業界のブラック求人は減り、反社会的勢力とのつながりが無い風俗店を探すこともできるようになった現状、風俗業界は以前ほどブラック求人の多い業界ではなくなったとも言えるかもしれません。

ちなみに、フロント企業は幅広い業界に存在しているので、風俗業に限らず、求人を見極めるための参考情報とするべきですが、リスクの大きさを考えると風俗業で求人を探すなら特に気を付けなければならない情報であることには変わりないでしょう。